スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ヤラセ民主主義 by maekitam マエキタミヤコ

私の大好きな マエキタミヤコ さんのtwitterより

泊3号機増設12年前「やらせ」。北電は全社を挙げて賛成意見を出すように指示していたことが1999年10月発覚。社員や社員の知人、グループ会社などに5000件を目標に賛成意見の指示。8.18東京新聞22面

泊3号12年前「やらせ」。北電は全社を挙げ、社員、社員の知人、グループ会社などに指示し、道内5カ所「道民の意見を聴く会」それぞれ30人程度を応募させ傍聴人として定員の半数を動員するよう求めていた。8.18東京新聞22面

泊3号12年前「やらせ」。北電の全社を挙げた指示文書は「極秘」の判が押され「提出する意見には泊3号機増設に賛成の主旨がはっきりわかるように簡潔に記述する」と丁寧な指導も添えられていた。8.18東京新聞22面

泊3号、北電全社挙げた12年前「やらせ」。用意された賛成意見のひな形は「泊3号機の増設は絶対必要です。風力や太陽光などで電気を確保できるとは考えられない」など架空の道民5人の意見を紹介。8.18東京新聞22面

北電作、市民意見のひな形。ぜんそく気味27歳女性会社員「電気は原子力に頼るしかないと思います。空気の悪い所には住めず両親も私のために勤務地を変えたほどです。かけがえのない地球を守るには、石油や石炭に頼ってはいけないと思います」8.18東京新聞22面

12年前北電が作り全社に配った目標5000件の市民の”賛成意見”ひな形のひとつ。42歳パート女性「原発を危険だと考えていた。原爆と原発は一緒だと思い込み、説明を聞いて原発はどうやっても爆弾になり得ないと教えられました」8.18東京新聞22面

12年前北電やらせ。社長や役員も了承していた。社長は最初「必要な事」と強弁していたが陳謝。「北電の秘密主義、住民無視の姿勢は目に余る」と当時を知る市民団体。8.18東京新聞22面

今回の泊3号機の再開も高橋知事は結局、住民の意見を聞かずに強行。市民団体「SHUT泊」泉かおり代表は「住民説明会を開くなどして直接道民の意見を聞くべきだ」と強く批判している。8.18東京新聞22面
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちたりた

Author:ちたりた
Silmaril Necktie から移転



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。