スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/19Japanese march against nuclear power(豪レイトライン)

ムンクを探して海外情報を求めました。
インタビューまでされたのに新華社通信には載っていなかった。ぷんぷん。
オーストラリアのレイトラインの報道はどこも翻訳がなかったので、EMの帽子を被った早耳で情報通のムンクのお姉さんに翻訳してもらいました。ご本人は「荒訳」と申しておりました。

http://www.abc.net.au/lateline/content/2011/s3321265.htm

Japanese march against nuclear power

Print Email
Australian Broadcasting Corporation

Broadcast: 19/09/2011

Reporter: Mark Willacy

An estimated 60,000 people have marched in Tokyo in the largest anti-nuclear demonstration since the Fukushima nuclear meltdown six months ago.

Transcript
ALI MOORE, PRESENTER: An estimated 60,000 people have taken to the streets of Tokyo in the the largest anti-nuclear demonstration since the Fukushima nuclear meltdown six months ago.

They're calling on the Japanese government to end what they describe as their country's "addiction to nuclear power", but the new prime minister has signalled that Japan needs nuclear energy.

Earlier the former prime minister revealed that the evacuation of 30 million people from Tokyo and surrounding areas was contemplated in the days after the meltdowns.

North Asia correspondent Mark Willacy reports from Tokyo.

MARK WILLACY, REPORTER: It was one of those rare occasions when there were more protesters than police at a Japanese anti-nuclear demonstration. The organisers had hoped 50,000 people would turn up. In the end, they say 60,000 joined the rally. They came from all parts of the country - including from the fallout zone in Fukushima.

TOSHIKAZU KOGURE, FUKUSHIMA RESIDENT (translated): This protest is an expression of Japanese public opinion. And what we are saying is that we don't need nuclear power plants. We have to change to renewable energy.

MARK WILLACY: Also among the crowd was a group of fashion designers as well as a homeless association, celebrities, office workers, and housewives. And at times, the speeches brought many to tears.

KEIKO KIMIGAKI, PROTESTER (translated): The Fukushima disaster has made all Japanese very worried. We have to find new energy sources and stop our reliance on nuclear. That's why 60,000 people have gathered here.

MARK WILLACY: After rallying and chanting in a Tokyo park, the protesters hit the streets. And they kept on coming. Their march stretching back over several city blocks.

It's taken six months but the anti-nuclear movement here has finally gathered some momentum. This is the largest demonstration since the meltdowns at Fukushima. But the challenge for these demonstrators will be maintaining this momentum, especially with the new prime minister here in Japan, who signalled that he's keen to retain nuclear energy.

In fact, Yoshihiko Noda will tell the United Nations later this week that Japan and its economy must continue to rely on nuclear energy - for the time, being at least.

His predecessor wanted to phase it out. And, now free of the burden of office, Naoto Kan has revealed that, as prime minister at the time of the disaster, he contemplated the worst case scenario; that is, the evacuation of 30 million people from Tokyo and the surrounding area. In the end, it didn't come to that, but Mr Kan said if it had, Japan would not have been able to function as a state.

Some would argue that this state is finally functioning as it should, with tens of thousands publicly questioning the policies of their government and the competence of the nuclear companies.


[ムンク商会による荒訳]
レイトライン 2011・09・19

日本の脱原発パレード

ABC(オーストラリア放送)
レポーター マーク・ウィラシー
6ヶ月前の福島原発事故以来、大規模の脱原発パレードが東京で行われ、推定6万人が参加した。

(プレゼンター アリ・ムーア)6ヶ月前の福島原発事故以来、最大規模の反原発パレードが東京で行われ、推定参加者6万人が東京の通りを練り歩いた。

彼らは、日本政府に対し、彼らが表現する、この国の「原発依存」をやめることを要求している。しかし、新しい首相は、日本は核エネルギーが必要であることをほのめかしている。

初期段階において、前首相はメルトダウン後、数日で東京及び周辺地域の3千万人を避難させようとしていたことを明らかにした。



北アジア特派員 マーク・ウィラシーの東京からのリポートです。

(マーク・ウィラシー)今回は、日本の脱原発パレードにおいて、参加者数が警官の人数を超えるという非常に珍しい事態です。主催者は5万人の参加を見込んでいましたが、最終的には6万人が参加したと発表しました。参加者は、福島の汚染地域からも含め、全国から集まりました。

(インタビュー)小暮トシカズさん:この抗議は、日本市民の意見表明です。私たちが言っているのは、原発はいらないということです。再生可能エネルギーに変えていかなければならないと思います。


(マーク・ウィラシー)また、群集の中には、ファッションデザイナーの一団と同様に、ホームレス団体、有名人、会社員、主婦などさまざまな人々がいました。

集会のスピーチが時折、多くの人々の涙を誘っていました。


(インタビュー)キミガキケイコさん:福島の惨事は多くの日本人を不安に陥れました。私たちは新しいエネルギー源を見つけ、核への依存をやめなければなりません。だからこそ6万人もの人がここに集まったのです。


(マーク・ウィラシー)明治公園で集会、そしてスローガンを叫んだ後、参加者は通りに繰り出した。そしてその列は途切れることなくどんどん続いた。その列は、いくつかの街をまたぐほど伸びていった。

6ヶ月かかったものの、脱原発運動は最終的に勢いづいた。これは、福島メルトダウン以降、最大規模のパレードだが、この勢いを維持するには、参加者たちの挑戦が求められるだろう。特に、ここ日本の新しい首相が、核エネルギー維持を望んでいる状態では。

事実、野田良彦首相は、今週後半、国連で少なくとも当面の間は、日本とその経済において核依存し続けることが必要だと述べようとしている。

彼の前任者は、核の段階的廃止を望んでいた。今や、官邸から自由の身になって、管元首相は、大惨事の際、首相として、最悪の事態のシナリオを描いていた:すなわち東京及び周辺地域の3千万人を避難させようとしていたことを明らかにした。結果的にそうはならなかったが、もし、そうなっていたら、日本は国家として機能しなくなっていただろう。

何万人もの人々が公に政府の政策や原発企業の能力に疑問を呈して始めて、この国はやっとあるべき方向へと動くと主張する人々もいる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちたりた

Author:ちたりた
Silmaril Necktie から移転



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。