スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死海文書オンラインコレクション

職場のEVA同好会のTさんが
「裏ではないですが、死海文書がWeb公開されたようです」と教えてくれました。

彼は先週
「セブンイレブンでキャンペーンが始まったようです。 」
http://www.sej.co.jp/products/gundam1109.html

などと教えてくださるので、セブンイレブンへ行く度にガンプラ付き40周年カップヌードル800円とかスピードくじ500円でミネバ・ザビのお人形貰ったりで、貧しい労働者の小銭がまきあげられていってます。
(ちなみに月に一度位、お昼にガンダム会議をしているが、彼はそちらのメンバーではない)

福島の原発震災は死海文書に載っているのでは?
日月神事とかつい考えてしまうのはなぜ?

----------------------------------------------------------------------------

「死海文書、オンラインで公開へ」2011/09/26

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/09/26/098/index.html

公開された5つの死海文書は「死海文書オンラインコレクション」で閲覧できる。なお、サイトは英語での表示になる。
イザヤ全書の公開画面

同プロジェクトはエルサレムのイスラエル博物館が主催し、Googleが技術面で協力したもので、Google Storage、App Engineでのホスティング、公開サイトの仕様やデザイン、Web検索などのサポートを同社が提供しているという。
紀元前3世紀から1世紀に書かれたとされる死海文書は、これまで発見されたものの中で最古の聖書写本群といわれており、紀元前68年にローマ軍の侵攻から守るために死海沿岸にあるユダヤ砂漠の11の洞窟に隠され、1947年に発見された。
オンラインでの公開にあたってデジタル化された死海文書は、一般的なカメラの約200倍以上の1200メガピクセルという非常に高い解像度で撮影されており、文字が書き込まれた羊皮紙表面を細部まで見ることが可能となっている。
撮影は、貴重な古文書や美術作品などのデジタルアーカイブを専門とするデジタルフォトグラファーのArdon Bar-Hama(アードン・バルハマ)氏によって行われた。
細部までズームアップで見ることが可能
文書は章や節ごとに閲覧でき、画面上でヘブライ語のテキストをクリックすると、その部分の英訳を読むことができる。これらの死海文書は、GoogleのWeb検索からフレーズ検索することもできるようになっている。
英訳が表示される

なお、公開された文書は、次の5巻(日本語訳は参考)。
Great Isaiah Scroll (イザヤ全書, 1QIsaa)
Temple Scroll (神殿の巻物, 11Q19)
War Scroll (戦いの書, 1QM)
Community Rule Scroll (教団規定, 1QS)
Commentary on the Habakkuk Scroll (ハバクク書注解, 1QpHab)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちたりた

Author:ちたりた
Silmaril Necktie から移転



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。