スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セバスチャン・プフルークバイル 博士(独)の講演会「風の原っぱ」

来日中のセバスチャン・プフルークバイル 博士(独)の講演会のパワーポイント(日本語)が公開されてます。
木下黄太さんの何人か前のコメントからそこへ飛びます。湯布院のサイト。

みつけました。
10/3の講演のパワーポイントを公開されています。
「ムラづくりNPO 風の原っぱ」
http://www.jca.apc.org/~uratchan/harappa/

2011年10月3日、
ドイツ放射線防護協会・会長のS.プフルークバイル博士から「ホームページで公開してほしい」との要望をうけて、
博士にいただいた2つのデータをここに掲載します


1)セバスチャン・プフルークバイル博士(Dr. Sebastian Pflugbeil)の今回の講演用パワーポイント資料
(「放射能の専門家」と呼ばれる人たちが、いかに事実をねじ曲げ、放射能の危険性を軽視し、原発を容認する世論操作に協力してきたのか、このPPT資料を使って博士は講演しました。湯布院では時間不足で説明できなかった映像資料も含みます)


2)あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の食品放射能汚染制限値フードウォッチ・レポート(PDF)、
トーマス・デルゼー、セバスチャン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会)編
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部との共同作成 2011年


セバスチャン・プフルークバイル博士
 (Dr. Sebastian Pflugbeil)プロフィール
 (物理学者、ドイツ放射線防護協会・会長)
 1989年以前、旧東ドイツの学術アカデミーで医療関係物理学を仕事分野に。
 1989年以後、ドイツ統一の過程の中、暫定政府であった「円卓会議」で大 臣として入閣。統一直後、ベルリン市議員。チェルノブイリ事故の諸結果
 についての専門家。数年間にわたり現場調査。大部分において「恥知らずの」 公式報告の再検査。

---------------------------------
(木下黄太さんの所にあった略歴)
セバスチャン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会 会長)
 1947年生まれ。物理学博士。ドイツ・ボンにあるオットー・フーク放射線研究所会員、欧州放射線リスク委員会(ECRR)理事。チェルノブイリ事故、フクシマ事故を解明する各種プロジェクトに参加するほか、事故周辺地域の子どもたちの社会復帰活動に参加。
 89年、旧・東ドイツの民主化運動で最初に設立された市民団体「ノイエス・フォールム」を共同設立。「ベルリンの壁」崩壊後のハンス・モドロウ政権下では、東ドイツのエネルギー政策を改革する目的で数ヵ月間、大臣を務める。90年、ベルリンで市民団体「チェルノブイリのこどもたち」を設立。長年、ドイツ・チェルノブイリ支援協会(ミュンヒェン)の理事を務める。91年~95年までは、ベルリン市議会でノイエス・フォールム選出の議員も務める。


ドイツ放射線防護協会
 ドイツ法に基づき、裁判所に登記されている独立系市民団体。(日本のNPO団体に近い)。放射線リスク、特に低線量被曝のリスクが十分に考慮されず、放射線防護が十分行われていないと見る研究者など、専門家の団体。放射線リスクから、人間と環境を保護することを目的としている。協会組織として、オットー・フーク放射線防護研究所を有する。会費などで運営。90年設立。

---------------------------------

動画もありました。
録画日時 : 2011/10/12 13:39 JST
13:30-14:55真実を見極める :セバスチャン・プフルークバイル
http://www.ustream.tv/recorded/17826285
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちたりた

Author:ちたりた
Silmaril Necktie から移転



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。