スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[朝日新聞]玄海再開容認に抗議相次ぐ 佐賀県は庁舎の玄関一部封鎖

玄海再開容認に抗議相次ぐ 佐賀県は庁舎の玄関一部封鎖2011年7月5日0時39分
http://www.asahi.com/special/10005/SEB201107040068.html

 九州電力玄海原発2、3号機の再稼働を巡り、佐賀県玄海町の岸本英雄町長が九電に再開容認の判断を伝えた4日、町には反原発団体による抗議が相次いだ。また、県は、容認姿勢を見せる古川康知事への抗議活動を警戒して県庁舎の一部の玄関を閉鎖した。

 玄海町では、地元住民らでつくる「玄海原発対策住民会議」の藤浦晧会長が「住民、県民の誰一人として玄海原発の安全性が確認されたと考える人はいない」と、再稼働容認への抗議と撤回を求める文書を岸本町長の前で読み上げた。

 同会の仲秋喜道・副会長(81)は「福島第一原発の3号機のプルサーマル発電の問題が全く解明されていない中で、同じプルサーマル発電をしている玄海原発3号機の安全が確保されたというのは、空疎な響きしかない」と語気を強めた。

 また「玄海原発プルサーマル裁判の会」(石丸初美会長)と「プルサーマルと佐賀県の100年を考える会」(野中宏樹・共同世話人)も「周辺自治体の意向を無視し、再稼働を容認することは多くの人々の命を危険にさらすことになる」とする容認反対の要請書を町に手渡した。

 県庁はこの日、反・脱原発団体の抗議行動に備え、朝から庁舎への出入り口を制限。本館と新行政棟の通用口など5カ所を閉鎖した。玄関にも警備員や職員が立って来庁者に用件を聞くなど警戒に当たった。

 県ダイイン有志の会(味志陽子世話人)のメンバーは県庁新行政棟玄関を訪れた。担当者に2、3号機再稼働の認可をしないよう申し入れ、その後、ロビーに横たわってダイインしようとしたが、職員が取り囲んだため断念した。

 味志世話人は「過剰反応で異常だ。こんなことをする知事を選んだのが恥ずかしい」と話した。有志の会が退去後、午後からは新行政棟玄関も閉鎖した。

 また「再生可能エネルギーをすすめる会」(高柳淳子共同代表)は県庁近くの佐賀商工会館で、県職員に対し、知事宛ての玄海1号機停止などを求める要望書を手渡した。(田中良和、上山崎雅泰)

アサヒ・コムトップへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キヨコ様
ようこそのお運びに熱く御礼申し上げます。

どうやら玄海は限界みたいです。

九電が「やらせ」

本日7月27日付の毎日新聞の1面トップ記事の見出しが『九電が「やらせ」』。
九電は子会社4社に「発電再開容認の一国民の立場から、県民の共感を得るような意見や質問を発信してほしいと依頼したもの。
共産党が予算委員会で取り上げ、追及。九電の社長も『依頼メール』の実物を突き付けられて事実を認め謝罪した。
以上は今朝の毎日新聞より。

九電と一体になって安全宣言をした海江田の立場は??
「非常にけしからん。しかるべき措置をする」と発言していますが、言えば言うほど、信頼性は地に落ちるばかり。
プロフィール

ちたりた

Author:ちたりた
Silmaril Necktie から移転



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。